So-net無料ブログ作成
検索選択

ももクロ 画像 ジャケット 原哲夫 [音楽]

ももクロのジャケットを
原哲夫画いています。
こちらが、その画像です。
  ↓ ↓ ↓
マンガ家・原哲夫氏が手掛けたももクロのライブBD/DVDジャケット


迫力ありますよね。

行くぜっ!怪盗少女 - ももいろクローバーZ #6


原哲夫といえば、
「北斗の拳」や「花の慶次」で有名です。


やはり、今回のももいろクローバーZの
ジャケット画像も
北斗の拳や花の慶次に登場する女性と
似ています。


私は、特に、北斗の拳のユリアが好きでしたね。
花の慶次のおまつもよかったですね。
彼が描く女性の画像って、
清楚な中にも色気が漂っています。


独特ですよね。
画像で、こんな女性を描けるのは、
原哲夫をおいて他にはいないでしょう。


男の描き方もいいですね。
北斗の拳のケンシロウ、ラオウ、トキや
花の慶次の前田慶次なんか
すごくかっこいいです。


原哲夫の画く漫画って、
男を主人公としたものが多いですが、
そういう作品の中で、
主人公の男を愛する女性が必ず
登場します。


その女性って、
すごく強い意志をもっているんですよね。


今回のももいろクローバーZのジャケットの画像は、
花の慶次に登場するくのいち(女性の忍者)と
雰囲気がだいぶ似ています。


ももいろクローバーZって、
とてもアグレッシブなところが魅力で、
現代版くのいちといった表現も
あてはまると思います。


そういった意味でも
原哲夫とももいろクローバーZのコラボは、
相性抜群だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

チャゲアス 解散 情報 復活 [音楽]

チャゲアスは、解散するかもという情報もありましたが、
復活することを発表しました。


1月25日、チャゲアスの公式サイトで、
今年の夏、2007年12月以来6年ぶりのライブで復活することを
発表しました。

LOVE SONG / CHAGE & ASKA


一時は解散情報も流れただけに、
ファンとしてはほっとしましたね。


チャゲアスは、今年8月に、
デビュー35周年を迎えます。
それも活動再開のひとつの理由なんでしょうね。


チャゲアスにかぎらず、どんなグループでも、
いつかは解散してソロ活動をはじめるケースが多いです。


かつて、オフコース、チューリップなど、
数え上げたらきりがないほど、
解散したグループがあります。


やはり、音楽活動を続けていると、
グループに縛られず自分を表現したいという
欲求がでてくるんでしょうね。


サイモン&ガーファンクルなんかも、
そうして解散しました。


ただ、気になるのは、
今回のCHAGE and ASKAの復活が、
一過性のものではないかということです。


今年の夏に復活して、
また、すぐ活動中止なんていうことはないのか
気になるところですね。


何年かぶりで、再結成して、
ライブを行い、また離れ離れになるグループも
多いですよね。


CHAGE and ASKAの場合、
ソロでの活動も素晴らしいものがありますが、
やはり、二人一緒のほうが
すごいパワーがありますよね。
ライブの盛り上がり方も違います。


彼らの場合、日本だけでなく、
中国などアジアの国々にもファンは多いです。


彼らの楽曲は、とても美しいメロディーが、
日本だけでなくアジア各国の人々の心を
魅了するんでしょう。


チャゲアスの復活は、
多くのファンが待ち望んでいるでしょうね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ゴールデンボンバー 金爆 ヘドバン規制? [音楽]

ゴールデンボンバー 金爆 ヘドバン規制?
についての情報をお知らせします。


現在、ツイッターで、
ゴールデンボンバー 金爆のヘドバン規制に、
批判が殺到しています。

110814 ゴールデンボンバー


ヘドバンとは、リズムに合わせて
頭を上下に動かす動作のことです。
ロックのV系なんかで、
よく見られる動作ですね。


V系とは、日本のロックの一派で、
ヴィジュアル系のことです。
過激で派手な化粧や髪型、衣装などが
特徴です。
X JAPAN、COLORなどが
代表的なバンドです。


ゴールデンボンバー 金爆のファンも
V系が主流です。


最近、ゴールデンボンバー 金爆は、
NHKの紅白歌合戦などに出場し、
そうとうメジャーな人気をえています。
V系以外のファンも増えてきたんですね。


そのようなファン層から、
ゴールデンボンバー 金爆のコンサートでの
ヘドバンが危険だという意見が
事務所に寄せられたそうです。


それで、事務所側がヘドバン規制するということを
決定したという情報が
ツイッターで流れたんですね。


しかし、このヘドバン規制については、
正式に事務所が発表したものではないようです。
事務所のHPにも、
ヘドバン規制に関する記事の掲載はないようです。


今のところは、たんなる噂にすぎないようですね。


ゴールデンボンバー 金爆の人気の幅が広がったために
こういう問題がでてきたんですよね。


ヘドバン規制しなくても
安全にヘドハンができるように
対策すれば問題ないと思います。
V系の伝統も守るべきですよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。