So-net無料ブログ作成

西島秀俊 筋肉 八重の桜 画像 [芸能]

西島秀俊の筋肉質の上半身が、
1月20日放送のNHK大河ドラマ『八重の桜』で
見ることができました。

西島秀俊 八重の桜.jpg

西島秀俊演じる八重の兄・山本覚馬が、
砲術のことをふたりの武士に批判され、口論になり
やりで決着をつける場面で、
上半身の筋肉を見ることができました。


逆三角形で、すごく鍛え抜かれた身体でしたね。


やりの試合で、相手を倒す場面もかなり迫力がありました。
かっこよかったですね。
この場面で、試合をまわりで見ていた
会津藩の藩士たちが覚馬のことを
鬼神だと言って驚いていました。


それだけの迫力を西島は、
出せていましたね。


彼は、俳優としてのプロ意識がとても強く、
役作りは徹底しているそうです。
食事制限や筋力トレーニングをこなし、
自分を改造するようです。


西島が演じる山本覚馬は、
武道に通じ、蘭学もこなすという天才ですね。
そういう人物を演じるのは、
とても難しいと思いますが、
彼は見事に演じきっています。


八重の桜は、視聴率が1話の20%超えから、
2話は18%代に落ちました。
しかし、西島のこういう演技をみると、
また、視聴率は復活すると思います。


山本覚馬という人物は、
当時、時代の最先端をいっていたんですね。


会津藩で、砲術や蘭学の必要性を説きます。
しかし、藩のお偉方には、彼の主張が
理解できないんですね。


これが、後々、薩摩や長州に敗北する
原因になっていきます。


八重の桜は、キャストも役とマッチしていると思います。
これからの展開が、楽しみですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。